MENU

DWGファイルの作成・閲覧・編集・共有の標準が変わる
JDraf'skernel is the only authentic alternative CAD software for DWG.

JDraf2016

JDraf

DWGとの高い互換性
最新の DWG ファイル利用技術による、
非常に高いデータD互換性を提供いたします。
画層、レイアウト、外部参照など
DWG CADで作成した図面ファイルを正しく表示できます。
また、DWG CADと同等の機能・画面周り・操作性を搭載し、
既存の環境と同じように違和感なくスムーズにご利用いただけます。

  • Get Started
  • よくある質問
  • DOWNLOAD

 

top_midashi

 JDraf(ジェイドラフ)は、低価格ながら、既存のCAD環境と同じように使用できる軽快でプロフェッショナルなDWG互換CADです。

DWGの他、JWW・SXF等 多様なファイル形式に対応し、土木&建築の製図にて使用頻度が高い機能も搭載しています。

また、スタンドアロン・ネットワーク・期間契約ライセンス等、使う人にあわせた豊富なライセンス方式により、導入&運用コストを削減できます。

さらに、CAD支援業務20年の実績とCAD技術を熟知したスタッフによるサポートも万全です。

JDraf




平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら弊社の年末年始の営業は下記のとおりとさせていただきます。

年内営業 2016年12月28日(水)12:00まで
年始営業 2017年1月5日(木)9:30より

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。
2017年も、変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2016年10月20日に JDraf 2016 SP2 と ARES Touch をリリースしました。
詳細は以下をご覧ください。
ARES Touch
JDraf2016 SP2 リリースノート

株式会社ジェイドラフは2013年に設立、Graebert社のCADエンジン「ARES」を使用したDWG互換CAD「JDraf(ジェイドラフ)」の販売を開始しました。JDrafは日本国内特有の要望に積極的に応え、リリース3年で日本の主要な互換CADソリューションのひとつとなり、国内では大手ゼネコンを含む、数千の会社に導入されています。

このたび、株式会社コンピュータシステム研究所(代表取締役:長尾良幸、以下「CST」)とドイツのCADベンダーであるGraebert社 (CEO:Wilfreid Graebert 本社:ドイツ・ベルリン)は日本でのDWG互換CAD事業のさらなる強化を図るため、合弁会社「株式会社 グレバート ジャパン」を設立することに同意し「株式会社 ジェイドラフ」は「株式会社 グレバート ジャパン」に社名変更することになりました。

【ドイツ Graebert社 概要】
Graebert社は、ドイツ ベルリンに本社をおくCADソフトウェア開発・CADソリューションとサービスを提供する会社です。
1977年に設立され、DWG互換エンジン「ARES」を開発。多くのCADベンダーに採用され、業界では、世界で最も急成長したカスタムCADエンジン提供会社として有名です。

世界で初となるWindows、Mac、Linuxで動作するDWG互換CADを発表後、その後も他社に先駆けAndroidとiOS上で動作するモバイルCAD、クラウド上で動作するCADを開発。世界的にも稀なマルチプラットフォームで動作するDWG互換CAD技術を確立しています。

【Graebert社の主な製品】

  • ARES Commander(アレス コマンダー)
    Windows/Mac OS X/Linuxに対応する2D/3D CAD
  • ARES Touch(アレス タッチ)
    Android / iOSに対応するタブレットとスマートフォン用DWG互換CAD
  • ARES Kudo(アレス クドウ)
    クラウド上で動作するDWG互換CAD
  • ARES Mechanical(アレス メカニカル)
    「ARES Commander」エンジンによるDWG互換 2D機械設計用CAD
  • ARES MAP(アレス マップ)
    DWG CADデータとGIS(地理情報)データ(Esri社 ArcGIS Online提供)を連携し図面を作成・編集が可能

一覧お知らせ