MENU

32 ビット OS の環境で JDraf が異常終了してしまう

【質問】
32 ビット OS の環境で JDraf が異常終了してしまいます。
何か改善する方法はないでしょうか。

【回答】
異常終了する原因の一つとして、メモリが足りなくなった場合があります。
32 ビット OS ではアプリケーションが使用できるメモリは 2GB までという制限があります。
この制限を超えてメモリが必要となった場合、アプリケーションが異常終了する場合があります。

パソコンにメモリが 4GB 搭載されている場合は、3GBスイッチの設定を行うことによりアプリケーションが使用できるメモリを 3GB に増やすことができます。

以下の手順により 3GBスイッチの設定を行うことができますので、このことにより現象が改善される可能性があります。

1. [スタート] – [すべてのプログラム] – [アクセサリ] にある [コマンド プロンプト] 上で右クリックし [管理者として実行] を選択します。

2. 以下を入力し Enter キーを押します。

bcdedit /set IncreaseUserVa 3072

3. Windows を再起動します。

※ 3GBスイッチの設定を解除する場合は、以下の手順を行います。
1. [スタート] – [すべてのプログラム] – [アクセサリ] にある [コマンド プロンプト] 上で右クリックし [管理者として実行] を選択します。

2. 以下を入力し Enter キーを押します。

bcdedit /deletevalue IncreaseUserVa

3. Windows を再起動します。


faq02 関連するトピック

なし


faq01 問題が解決しない場合お問い合わせください。